ランドセル

私は今年で70歳ですが、今は亡き夫との間に二人ほど兄妹を設けていたこともあり、そこそこ賑やかな老後を送らせてもらっています。兄夫婦は大阪に、妹の方は東京に住んでいますが、少し連休があると二人とも家族を連れてよく遊びに帰ってきてくれるのです。
先日のゴールデンウィークの際も、兄とその奥さん、それに来年には小学校に上がる孫が遊びに来てくれ、いつもは私が一人で暮らす家は和やかな時間を持つこととなりました。とても楽しい時間で、老後の楽しみとしては最上級なものだなぁと、私は感じています。
さて、その席で聞いたのですが、どうも近頃は子供の使うランドセルは一年ほど前に売り出しを始めるそうなのです。

詳しくはこちらの記事へ
→ 初めての確定申告

私が実際に子供たちにランドセルを買った時期なんて、覚えている範囲では冬になったころだったと思うのですが、どうも最近は「早割」とかいう考え方が主流になっている様子。何でもかんでも「早めに買いましょう」的な空気があると、義理の娘である息子の嫁が教えてくれました。
時代と言うものもあるのだとは思うのですが、私はこの「早くして」という雰囲気があまり好きではありません。何だか、「生き急げ!」とせっつかれているようで・・・。まだ小学校に上がる前のランドセル購入の際から、そんなに急がせてどうするんだろうなと思ったのです。