バイキングとビュッフェの違いがわからない夫

バイキング形式の料理

高校時代から仲の良い6人組の友人がいる。数か月に一回、順番に幹事となり、ちょっと高級なビュッフェを探しては皆で集まっておしゃべりをするという催しを、ここ何年も続けている。次回は私が幹事なので、インターネットで手ごろな価格(暗黙の了解で3000円前後)のお店を見つけようと思ったけれど、あまりいいお店が見つからない。以前に行ったところでは何となくつまらないし、かといって値段を大幅に上げ下げしてしまうのも、結婚した今となってはお互いの経済状況がわからないので避けたい。パソコンとにらめっこしながら、あちこちのホームページを広げていると、夫が横から覗き込み言った。「バイキングのお店、見つからないの?」バイキング!私が探しているのは「ビュッフェ」だというのに。それを指摘すると、「どっちも同じでしょ」と信じられない答えが返ってきた。やれやれ…私は西洋人ばりに肩をすくめて首を振った。おーまいがー!バイキングとビュッフェの違いがわからない夫よ!

バイキングっていうのは、何ていうか安いレストランなんかでやってる食べ放題のことで、ビュッフェっていうのは、高級ホテルや高級レストランでもてなされる食べ放題のことだ、ということを夫に説明すると、「結局食べ放題は食べ放題じゃない」との返事。
(参考:背中の大きな男性に惹かれるオンナが多いワケを考えてみた

やれやれ、これだから田舎者は困る。とか言いながら、私はこっそりネットでバイキングとビュッフェの違いを調べてみた。すると、どちらも食べ放題の意味だけど、バイキングは日本語でビュッフェはフランス語、という違いだけらしい。あらら、夫の言う通り、どっちも意味は変わらないんじゃないの。だけど悔しいから夫には黙っておくことにした。

結局次回の集まりは、以前に行ったことのある高級ホテルの「ビュッフェ」に行くことにした。「バイキング」ではない、「ビュッフェ」に行くのだと、夫には強調しておこうと思う。