初めての確定申告

確定申告の書類

私自身は、一番初めに勤めた金融会社を退職した後に1度、見よう見まねで税務署まで、確定申告に行った経験があります。その時はその内容も、金額も少なく、決められた用紙の決められた場所に、番号に沿って数字を記入していくだけで書類は整い、確定申告は無事終了しました。済ませてしまえばなんだこんなものかと思うようなことですが、普段は行くことのない税務署を後にした時には、ちょっと偉くなったような錯覚さえ覚えました。その後はアルバイトばかりを続け、夫の扶養家族になってからは、お金関係の事務は全て夫任せ。住宅ローン減税だとか、用語は私でもよく耳にしますが、夫は毎年何か手続きをしているようですが、私はノータッチで気楽です。

でも私がかかわった確定申告は最初の1回の他にも、ほんの少しだけあるのです。実は最初の確定申告の後に、国が運営している職業訓練学校に通いました。職業訓練学校は、通常であればかなりの費用を要する資格取得の講座を無料で受講でき、更にその学校に通う間は、通常3か月しかもらえない失業保険を、通っている間中もらえるという、とてもありがたい制度です。
(参考:近頃のランドセルに物申す

失業保険の受給期間延長が目当てで通い始めた学校でしたが、そこでOA事務関連の資格を取り、職安の紹介で卒業後に勤め始めたのが、青色申告の事務所でした。青色申告は事業主がする確定申告です。訓練学校でOA関連の資格も取得し、自信満々で勤め始めた事務所でした。しかし私は、そこで怖い先輩女性社員にちょっときつく対応されただけで、わずか勤務1週間で、逃げ出してしまったのです。

その時の自分は未熟だったと、今思えばわかるのですが、その時はそんな余裕はなく、身勝手なことをしました。大変な迷惑をかけたという苦い思い出があるので、TVコマーシャルで確定申告という言葉を聞くと、私は少し胸がチクリとするのです。

ただ、職業訓練校に通っている間は、モチベーションも高く保っていました。失業保険目的とはいえ、「これから新しいスタートをするぞ」という気持ちでいたのも事実なんです。その時に、自己啓発の本や、ビジネス書などを結構読み漁りました。新しく生まれ変わってやる!みたいな気持ちだったでしょうか。本と同時に、インターネットでも、様々なモチベーションアップや、やる気アップに関する記事を毎日のように読んでいました。ある日、いつものようにネットを検索していると、「知ってる?目標を100%達成するための3つのコツ」という記事を見つけました。目標達成する、職業訓練校をきちんと卒業するぞ!という気持ちでいた私は、この記事を読んで、結構ためになりましたね。

私たちが生きている社会にも、様々な目標達成が課されていますよね。例えば、文部科学省も、このような様々な政策目標を掲げています。厚生労働省も、仕事のスキルアップ応援の施策を行っています。私の通っていた職業訓練校も、この中の一つの施策でしょう。

それにしても、本でもネットでも、今は自分が欲しい情報が手に入りやすい時代です。今私は、また新しい目標に向かって、歩み始めたところです。続きはまた、後日。